MENU
café SANDI

【Vol.012】本社移転から1ヶ月!オフィスの様子を紹介します

2021/01/29

2020年12月21日、無事、S&I本社は箱崎から虎ノ門への引越しが完了しました!
今回は、これまでのオフィスになかった新しいコンセプトのZONE AとZONE Bの様子をご紹介したいと思います!

お客さまと社員のコラボレーションの場!誰でも自由に使えるZONE A

9F入り口を入ると、右手に各部屋12名〜16名収容可能な会議室が3つ。左手すぐにバーカウンター、待ち合わせや仕事の合間の休憩、作業もできるテーブルが置いてあるスペースが広がります。

9Fの入り口

ZONE Aの全体の雰囲気。お客さまもご自由にお使いいただけます!

9FはBGMが流れていて、カフェみたいな雰囲気です。Guest WiFiもあるので、打ち合わせ後や打ち合わせ前などご来社いただいた方にもご自由にお使いいただけます。

バーカウンター(現在は、新型コロナ感染拡大防止のため、状況を見ながらの運用となっています。)

さまざまなテーブルと椅子のセットが配置されるZONE B

ZONE Bには、さまざまなタイプのイスとテーブルが配置されています。
グループワークがしやすいスペースや、個人ワークに使えるスペース、イスもテーブルもいろいろなので、その日の気分や業務によって仕事をする場所を選べるし、場所を変えるだけで気分転換にもなります!

ZONE B

台形型のテーブルの組み合わせは無限大!

こちらの台形型のテーブルは、1台を1人で使うことも、2つを組み合わせて六角形にしてMTGスペースとして使うことも、4つを組み合わせて大きなテーブルにしたり...と人数や目的に応じていろいろな形で使えます。

このスペースは、セミナーや採用説明会などにも活用できるスペースなので、大人数を収容したいときは、テーブルを折りたたんでしまっておけば、広く使うこともできます。

こんな感じで自由に組み合わせられます。

外の景色を見ながら個人ワークに集中!

西の窓側にある、1席ごとにパーティションで区切られた個人ワークスペース。窓側を向いてるので視界も開けているし、集中しやすいスペースでかなりの確率で埋まっている人気席です。

個人ワークスペースだけどグループワークにも使える気の利いたスペース

こちらのテーブルは、中心に置いてある観葉植物で空間が分けられているので、斜め前に人が座っていてもあまり気になることなく利用できる個人ワークスペースです。横に広くスペースを拡げられるのも特徴です。

個人ワークスペースですが、同じテーブルに座っていると会話もしやすいので、部署や案件が一緒の方達で使ってるケースも多いみたいです。

個人作業にもちょっとした打ち合わせにもちょうど良いファミレスブース

ファミレスブースは2つ設置されています。ちょっとした打ち合わせや、グループワークにも使えます。台形型のテーブルが並ぶスペースのすぐ隣にあるので、人数が多くて座り切れない場合は、椅子を移動させて使うこともできます。

現在はコロナ対策のため、座れる人数に制限があるため、個人ワークで使っている方多いスペースです。

姿勢を変えてリフレッシュしたい時にもオススメのローテーブルとハイテーブル

2〜4人がけのローテーブルとハイテーブルもあります。ハイテーブルは立って作業するのにもちょうど良い高さなので、リフレッシュしたい時にオススメです。座りっぱなしだと肩こりや腰痛の原因にもなりますし、立って仕事をするのは集中力の持続にも効果があるみたいです。

S

南側の窓からは東京タワーも少しだけ見えます

南側にあるこちらのハイテーブルの一番西側の席だけ、隙間から東京タワーを拝めます!

S&I東京本社の窓から見える東京タワー

私は地方出身なので、東京タワーを見るとなんだか気持ちがワクワクします。移転前の箱崎オフィスでは、隅田川沿いがとても気持ちよくてリフレッシュできる場所でしたが、これからは東京タワーをちょっと覗いて気分転換ができそうです。