エス・アンド・アイ株式会社
MENU

応対品質管理支援サービス

AI Log
必須ワード管理と禁則ワード管理で
コンタクトセンターにおける
応対品質管理を効率化します。

AIによる音声テキスト化で応対品質管理をサポート!

AI Log は、通話内容をAIで自動テキスト化することで、全件チェックを可能にする応対品質管理支援サービスです。
音声データをもとにした確認作業では、チェックする人の経験や知識によって指摘事項にばらつきが生じやすいですが、AI Logでは、テキスト化されたデータから問題のある部分やコールスクリプトに改善が必要な部分などが自動的に検知されるため、経験によらない確認が可能になります。コンタクトセンターにおける応対品質管理業務を劇的に効率化させます。

AI Logの3つの特長

チェック機能

コンタクトセンター事業会社と共に開発・サービス化しています。実運用を想定した “使いやすいインターフェース”が特長です。

① “確認すべき応対”を効率的に検索する

通話一覧画面では、オペレーターや通話日時、電話番号での検索はもちろん、禁則ワードや必須ワードを条件に通話の絞り込み検索が可能です。検索結果には、「禁則ワード」を含む通話へのラベル表示や、ご案内すべきことが網羅されているかを視覚的に把握できます。確認すべき通話内容を効率的に抽出することが可能になります。

② 禁則ワードのハイライト表示で、会話の中のチェックすべき箇所を素早く見つける

テキスト化された通話内容は、お客さまとオペレーターの会話形式で表示され、再生される音声に合わせて自動スクロールします。禁則ワードはハイライト表示されるので、会話内容のどこで禁則ワードが発せられたのかを視覚的に把握できます。

③ 会話の一定範囲内に「ご案内すべき事項」が含まれているかを自動検知する

コールスクリプトごとに異なるご案内すべきワードを事前に登録しておくことで、それらのワードが、オペレーターの会話の一定範囲内に全て含まれるかを自動的に検知します。オペレーターの教育だけではなく、トークスクリプトの改善やコンプライアンスチェックにも活用できます。

機能一覧

通話一覧/検索機能
  • 日付検索、オペレーター/カスタマー検索、フリーワード検索、禁則ワード/必須ワードを条件に検索した結果を一覧で表示
    • 禁則ワードと検知数のラベル表示
    • 必須ワードの検知状況のラベル表示
  • 書き起こしデータのCSVダウンロード(複数選択可)
  • 手動での音源データ[Ogg/MP3/WAV/FLAC]および付属情報ファイルの取り込み
書き起こし
  • 音声認識結果をチャット形式で表示
    • 音声再生機能
    • 再生時自動スクロール
    • 禁則ワード強調表示
    • 必須ワード強調表示(会話の一定の範囲内での一致率に応じて、完全一致/部分一致/未検出の3つのパターンで表示)
    • 文章編集機能、文章再生機能、文章追加機能
    • 通話メモ機能
  • 書き起こしデータのCSVダウンロード(複数選択可)
  • 取り込まれた音声データのテキスト化手動実行
取り込み
  • 手動での音源データ[Ogg/MP3/WAV/FLAC]および付属情報ファイルの取り込み
  • 定期的な音源データ[Ogg/MP3/WAV/FLAC]および付属情報ファイルの取り込み
  • 話者分離および音声認識
ワード管理 CSVファイルにより禁則ワードおよび必須ワードの検知ルールをインポート/エクスポート
音声認識精度向上 書き起こし(音声認識)のための辞書および文章学習機能
ユーザー管理 ユーザー情報の追加/登録/削除
スクロールできます

仕組みと構成

自動/手動にて、音声ファイルと付属情報ファイルをアップロードすると、IBM Watson Speech to Textにより音声をテキストに変換します。音源ファイルや書き起こしデータは、IBM Cloud上に保管されます。

ご提供価格

最低限利用できる内容を知りたい! 本番導入に向けてじっくり検証したい! 本番導入!
1か月トライアル検証パッケージ
120万円
2か月検証パッケージ
300万円
初期費用 60万円 / 月額費用 50万円

500分を上限とした音声データを基にAI Logの機能や運用イメージを体験いただけます。

  • 音声辞書トレーニング

実運用音源を基に、音声認識の精度向上およびオープン試験を実施。本番で展開できるかの判断材料としてもご活用いただけます。

  • 精度評価レポート
  • 音声辞書/文章トレーニング
  • オープン試験サポート
  • サービス構築
  • 音声認識精度向上支援/レポート(月1回)
  • 問い合わせサポート(平日9:00〜17:00 メールのみ受付)
  • 上限500分のIBM Watson利用料が含まれています。ただし、上限を超える場合は別途費用が発生します。
  • 辞書データはお客様にてご用意いただきます。
  • 別途IBM Watson利用料が必要となります。
  • 精度評価のため、音声データおよび聞き起こしデータをご用意いただきます。
  • オープン試験で利用する音声データおよび付属情報データをご用意いただき、取り込み/音声認識/書き起こしの精度確認を実施します。
  • 最低利用期間は6か月となります。(自動更新)
  • 別途IBM Watson利用料が必要となります。
  • 音声認識の最大時間は1,800h/月までとなります。超過する場合は、個別に環境をお見積もりいたします。
  • プライベート環境でのご提供はオプションとなります。
  • お客様環境内の音源ファイルおよび付属情報ファイルを受け渡す「音源転送サーバー」をご用意いただくか、別途お見積もりいたします。
  • 初期容量は300GBとなります。
スクロールできます