MENU

企業情報 沿革

1987年
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社と住友電気工業株式会社との38%ずつの出資により、『ネットワーク専業インテグレーター』として設立
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社の箱崎ビルの大規模FDDIトークンリング・ネットワーク構築をはじめ、日本アイ・ビー・エム株式会社の社内データおよび音声ネットワーク 構築を手がける
1992年
  • マルチベンダー環境への対応など高度な情報通信基盤への需要に応えるべく、利用者のニーズと機能面を重視する統合情報ネットワークシステム『S&I NS(Network Solution)』を提供開始
1993年
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社が住友電気工業株式会社から株式を取得し、日本アイ・ビー・エム株式会社の子会社となる
  • 公衆回線を利用したデータ通信を可能にするISDNを利用するためのネットワーク機器『IR/IBシリーズ』の自社開発および販売開始
1994年
  • 資本金を4.9億円に増資
1998年
  • ネットワークおよびIPテレフォニーシステムを含む、Cisco製品の本格的な取り扱いを開始
2001年
  • テレフォニー事業およびCTI事業に本格参入
2003年
  • 株式会社ネットマークスが日本アイ・ビー・エム株式会社から株式を取得し、株式会社ネットマークスの子会社となる
  • コンタクトセンター事業強化を目的に、国内外のコンタクトセンター市場でトップシェアのAvaya社の製品取り扱いを開始
2004年
  • コンタクトセンター事業強化/オンデマンドへの対応を行うべく、IP通話録音装置でグローバル最大手 Verint Systems社の日本初の代理店となる
2005年
  • サーバー統合・仮想化ビジネスに本格参入
  • 仮想化インフラストラクチャ・ソフトウェアの世界トップベンダーであるヴイエムウェア株式会社が制定する「VMware VIPエンタープライズパートナー」に認定
2006年
  • コンタクトセンターにおけるオムニチャネル対応への需要に応えるべく、NTTデータテクノマークの代理店となる
  • 基盤システムにおけるマネージドサービスを強化(ネットワークシステムを運用監視する『MIGHTY FORCE』および、サーバーシステムをサポートする『S&I サーバー・レスキュー』を提供開始)
2007年
  • 『IBM 2006年ワールドワイド・ビジネス・パートナー最優秀販売賞』を受賞
  • 仮想化インフラストラクチャ・ソフトウェアの世界トップベンダーであるヴイエムウェア株式会社が制定する『VMware認定コンサルティングパートナー』に認定
  • コンタクトセンター事業の強化を目的に、VoC(Voice of Customer)分析の活用および分析ソリューションの提供を開始
2008年
  • 日本ユニシスグループであるユニアデックス株式会社が同グループの株式会社ネットマークスから株式を取得し、ユニアデックス株式会社の子会社となる
2009年
  • 緊急地震速報サービス『EQ serve』を提供開始
  • 米国CommuniGate System社と代理店契約を締結し、次世代型メッセージングツール『CommuniGate Pro』の取り扱いを開始
  • iPhoneを使った企業向けユニファイド・コミュニケーションシステム『uniConnect』を提供開始
2010年
  • ソフトバンクテレコム(現 ソフトバンク株式会社)のクラウド型メールサービス『ホワイトクラウドメールサービス』構築を支援
  • セキュリティ認証を強固にした仮想デスクトップ『Secured Desktop Cloud』を提供開始
2011年
  • 企業内の内線電話に必須とされる保留・転送機能などをスマートフォンで実現する『uniConnect II』をiPhone/Android向けに提供開始
  • 診療所・クリニック向けの低価格な電子カルテサービス『Karte Cloud』を提供開始
  • 日医標準レセプト『ORCA』を病院・診療所・クリニック向けのクラウドサービスとして提供開始
  • レノボ・ジャパン株式会社からハードウェア供給を受け、シンクライアント端末『ThinBoot ZERO』と管理ツールを提供開始
2012年
  • 紛失したスマートデバイスを電話一本で初期化・回線停止が可能な情報漏えい対策サービス『sactto!リモートワイプ』を提供開始
2013年
  • データ容量無制限の法人向けオンラインストレージサービス『sactto!ファイリング』を提供開始
  • VoIP通話/携帯回線通話の両方に対応した『uniConnect 3』を提供開始
2014年
  • FMC対応PBXシステム『uniConnect 3』に実装されている「携帯端末への発信者情報表示技術」で特許を取得(特許第5486484号)
  • クラウド事業へ本格参入するとともに、IBM Cloud SoftLayerおよびVMware vCloud Air向けの『クラウド・マネージドサービス』を提供開始
2015年
  • 企業のPC 利用におけるVDI相当のセキュリティーレベルを低価格で実現する『ThinBoot PLUS』を提供開始
  • Microsoft Surface をベースにしたシンクライアント専用端末『ThinBoot ZERO Type M』を提供開始
2016年
  • デルが提供するPCをベースにしたシンクライアント専用端末『ThinBoot ZERO Type D』を提供開始
  • AI事業へ本格参入および、IBM Watson日本市場で展開するソフトバンク株式会社が制定する『IBM Watsonエコシステムプログラム』のパートナーに認定
2017年
  • 日本ユニシス株式会社が100%子会社のユニアデックス株式会社から株式を取得し、日本ユニシス株式会社の子会社となる
  • ソフトバンク株式会社が日本ユニシス株式会社が保有する株式の一部を取得
  • 設立30周年を機にコーポレート・ロゴを刷新
  • FMC対応PBXシステム『uniConnect』をクラウドサービス化し、『uniConnect Cloud』として提供開始
  • IBMが制定する「IBM Watson Premium Partner」に認定
  • 「業務効率化」への需要に応えるべく、RPAソリューションの取り扱いを開始
2018年
  • AI事業強化を目的に、新ブランド『sandi AI』を立ち上げ
  • AIの汎用化を背景に、学習データの作成/精度向上を提供する専門組織『CORPUS factory』を新規開設
  • 企業のITインフラの運用/保守を24時間365日体制でサポートする『sandi Managed Service』を提供開始
  • AI FAQ支援サービス「Knowledge Discovery」およびコンタクトセンターにおける応対品質管理サービス「AI Log」の提供を開始
2019年
  • IBMが提供する会議支援サービス「AI Minutes」の取り扱いおよび場所を問わず利用できるiPhoneアプリを開発し、クラウドサービス「AI Conference」として提供開始
  • シンクライアント端末、設定、保守をパッケージにした月額サービス「as a Service ThinBoot ZERO」を提供開始
  • VAIO が提供する PC をベースにしたシンクライアント専用端末『ThinBoot ZERO Type V』を提供開始