MENU

データセンター系ネットワーク 信頼性・安定性・運用効率性を重視した
ハイパフォーマンスなデータセンターネットワークを実現!

Data Center

データセンター系ネットワークの特長

データセンター系ネットワークでは、不特定多数ユーザーからの膨大なアクセスやトラフィックを受けることが想定されます。そのため、アプリケーションやサーバーへの通信特性を考慮し、データセンター全体の適切なサイジングおよびトラフィック負荷分散を含めたパフォーマンス最適化を実現します。

昨今のデータセンター系ネットワークでは、外部からのインバウンド通信を受ける環境が一般的です。お客様のご要件や用途に応じた環境、不正アクセス検知の仕組みやファイアウォール機能の実装など、セキュリティ面も考慮しながら、End-to-Endの全体通信フローに応じた設計・構築を行うことが重要です。

事例

某金融機関様向けデータセンター系ネットワーク構築

段階的な拡張・システム追加により複雑化してしまったネットワーク基盤全体を、論理構成・物理構成の両方を最適化し、シンプルな設計でパフォーマンスの良いネットワーク基盤へリプレイス。
課題

  • ・複数回に渡ってネットワーク増強され、拡大してきた大規模化システムで、複雑かつ非効率なシステムの運用
  • ・同機能を持つ機器が複数存在するなど、ネットワーク機器が適切に配置されていない
  • ・複雑化した通信の経路交換で障害時の切り分けに過度な時間がかかる

対応範囲

  • 【要件定義・設計・構築】
  • ・ロードバランサ(BIG-IP)
  • ・ファイアウォール
  • ・ルーター
  • ・L3スイッチ
  • ・L2スイッチ
  • ・WAN高速化装置
  • ・WAN最適化装置

構成機器

Cisco Firewall (ASA 5515-X)
Cisco L2Switch (Catalyst 2960-X)
Cisco Router (Cisco 2921/K9)
F5 Load Balancer (BIG-IP 2200S)
Cisco L3Switch(Catalyst 3750-X)
Rivered Steelhead(CX5070-H)
Cisco WAAS(WAVE-574)
PureFlow(PF7010A)
ALLOT