MENU

次世代コンタクトセンターソリューション "AI×音声認識"で
コンタクトセンター業務が変わる!

nextcc-thumb

顧客体験価値の最大化・ビジネス貢献できるセンターへ

電話やメール、チャットなど多様化するチャネルに対する顧客体験価値の向上、顧客の声分析からの新サービスの提供や応対品質の向上、コスト削減や業務効率化などを目的に、今、多くのコンタクトセンターでAI の利活用が進んでいます。S&Iが提供する次世代コンタクトセンターソリューションは、ナレッジの有効活用や応対品質の向上、在宅コンタクトセンター対応など、多くのコンタクトセンターが抱える課題をAIとデータの利活用により解決します。

S&Iの次世代コンタクトセンターの3つの特長

Case 01

応対業務にかかる時間とコストを最適化したい

問い合わせの内容に応じて、自動対応、自動/有人対応の併用や、作業の自動化により、24時間365日対応や人的コストの削減、応対品質向上などが期待できます。
Case 02

オペレーターのスキル平準化と品質向上をしたい

オペレーターの応対をAIが支援、応対内容をリアルタイムにモニタリングして適切なタイミングでフォロー、コールメモなど属人化しやすい業務を自動化することで後処理時間の短縮や応対品質の平準化が期待できます。
Case 03

"顧客との会話内容"を有効活用したい

お客さまとオペレーターの会話内容や、SNSなどに投稿されたコメントなどの分析により、応対品質の向上や顧客ニーズ/新たな知見の発見が期待でいます。
Case 04

在宅対応を視野に入れて分散型にしたい

オンプレミスのPBXだけではなく、クラウドPBXを活用することで、センターでの対応だけではなく自宅での対応も可能になります。有事の時の対応やオペレーターの柔軟な働き方の実現が期待できます。
Solution Menu

提供ソリューション