ニュース・お知らせ

2019年05月28日

ニュース

ソフトバンクが運営する「AI エコシステムプログラム」で「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤田 和夫、以下、S&I)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)が運営する「AIエコシステムプログラム」において、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しましたので、お知らせします。

ソフトバンクの「AIエコシステムプログラム」は、AIの活用を通じて、お客さまに新たな価値と利便性を提供するとともに、パートナー企業のビジネス拡大・創出を目指すプログラムです。「パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、AIを活用したソリューションサービスの開発・提供において、多くの功績を上げたパートナー企業に贈られるものです。

ソフトバンクAIエコシステムプログラム award受賞

今回の受賞は、質問に対してAIが回答候補を導き出すFAQ支援サービス「Knowledge Discovery(ナレッジ・ディスカバリー)」およびコンタクトセンターにおける応対品質管理業務をサポートする「AI Log(エーアイ・ログ)」の提供を通じて、多くの法人のお客さまへのAI導入・提案と市場へのAI普及活動の功績が認められたものです。今後は、特に、音声認識分野でのAI利活用の促進を通じて、生産性向上およびデータの活用によるさらなる価値創造など、お客様のビジネス価値向上に貢献するサービスを提供してまいります。

● 応対支援サービス「Knowledge Discovery」
電話での問い合わせ内容をリアルタイムにテキスト化するとともに、テキスト化された質問を選択するだけで、AIが「よくある質問」に対しては1問1答で、「複雑な質問」に対しては回答候補を確信度とともに提供。オペレーター個人の経験やスキルへの依存度が下がることで、トレーニングにかかる時間やコストの削減、さらには定着率の向上やサービスレベルの向上、平準化に貢献します。
Knowledge Discovery画面イメージ

>> 応対支援サービス「Knowledge Discovery」について

● 応対品質管理サービス「AI Log」
録音されたお客様とのやり取りをテキスト化するとともに、法令違反や不適切な表現となり得る「禁則ワード」の自動チェック、該当箇所のハイライト表示等を行います。これにより、一部の通話のみ、且つ人手をかけた「耳」によるチェックしか行えなかった従来の体制から、全件のチェックを自動的に行うことが可能となるため、応対品質の大きな向上と業務効率化を実現できます。
AI Log画面イメージ

>> 応対品質管理サービス「AI Log」について

【エス・アンド・アイ株式会社について】

設立 :1987年7月31日
代表者  :藤田 和夫
所在地  :東京都中央区日本橋箱崎町30-1 タマビル日本橋箱崎
資本金  :4億9,000万円
事業内容 :日本ユニシスグループのエス・アンド・アイは、1987年の創立以来、企業やデータセンターのネットワーク基盤の統合や仮想化、CTI関連システムの構築、アプリケーション開発など、常にお客さまが求める最適なICTプラットフォーム環境の提供をおこなっております。さらに、これまで培った技術力に加え、IBM Watsonを軸としたコグニティブシステムやサービスの提供に注力しています。

【報道関係者からのお問い合わせ先】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング統括部 担当 福嶋
Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7029

【お客様からのお問い合わせ先】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング統括部
Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353