ニュース・お知らせ

2015年02月18日

ニュース

エス・アンド・アイ、VMwareが提供するハイブリッド クラウドサービス
『VMware vCloud® Air™』 向けのクラウド・マネージドサービスを提供開始

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤本司郎。以下、エス・アンド・アイ)は、VMware(ヴイエムウェア)とソフトバンクテレコム株式会社(以下、ソフトバンクテレコム)およびソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下、ソフトバンクC&S)が3社共同出資で設立したヴイエムウェア ヴイクラウドサービス合同会社を通じて提供されるハイブリッド クラウドサービス『VMware vCloud® Air™(以下、vCloud Air)』を利用するお客様向けに、導入・設計・運用を支援するマネージドサービス『クラウド・マネージドサービス for vCloud Air』の提供を本日から開始します。エス・アンド・アイは、VMwareの仮想化プラットフォームを利用するお客様のクラウド活用を強力に推進します。

vCloud Airは、プライベートクラウドとシームレスに連携する企業向けのハイブリッドクラウドサービスです。VMwareが提供するサーバー仮想化プラットフォーム『VMware vSphere(ヴイエムウェア ヴイスフィアー)』との親和性が高いという特長があります。エス・アンド・アイは、VMware製品を利用した仮想化プラットフォームの設計・構築・運用を長年にわたって手がけており、その技術ノウハウや導入実績をベースに、vCloud Airへのクラウド移行や安心かつ効率的な利用を『クラウド・マネージドサービス for vCloud Air』を通じてトータルで支援いたします。

現在VMware vSphereを利用されているお客様が、システムをvCloud Airに移行するケース、オンプレミスとクラウドを並行稼働するケースなどを含め、クラウド移行に最も効果的なシステムの洗い出し、クラウドデザインから構築・運用まで、vCloud Airを活用したいお客様に最適なサービスを提案します。

『クラウド・マネージドサービス for vCloud Air』は、vCloud Airを利用するための運用すべてをエス・アンド・アイが代行します。vCloud Airの標準サービスには含まれていない24時間365日の監視サービスの提供などをはじめ、より安心してvCloud Airを活用するためのサービスメニューを取り揃えています。『クラウド・マネージドサービス for vCloud Air』のサービスメニューは以下のとおりです。

【クラウド・マネージドサービス for vCloud Airサービスメニュー】

サービス 詳細説明
SEによるクラウドご相談 クラウド・マネージドサービスのご契約にあたってのご相談/アドバイスの提供
クラウド監視サービス vCloud Air上のサービス/リソース監視を行い、メールにてお客様に通知(※1)
QAサービス お客様のシステム運用上でのご相談、アドバイスを行ないます。
システムバックアップ復旧支援 構築時のシステムイメージを作成、保管します。障害時にはシステム復旧支援を実施(オプション:2015年4月リリース予定)
データバックアップ復旧支援 ご利用データの日次バックアップを取得します。障害時にはデータ復旧支援を実施(オプション:2015年4月リリース予定)
レポート提供 ご利用頂いているリソースについて、弊社からの標準フォーマットにてCPU/メモリー/使用帯域のレポートを提供

※1)監視サービスの一部メニューはオプションとなります。
※2)受付:24時間365日(ご指定のメールにて対応)、対応:平日9:00〜17:00

vCloud Airを利用するモデルパッケージとして、死活監視のみを行う「監視ベーシックパック」、Webサーバーとデータベースがセットになった「Webサーバーパック」と、ファイルサーバー利用のための「ファイルサーバーパック」の3つのパックを用意しています。企業ニーズに合わせたカスタマイズすることも可能です。

【クラウド・マネージドサービス for vCloud Airモデルパッケージ】vCloud Airの契約は含まれておりません

モデルパッケージ 初期費用(税別) 月額費用(税別)
監視ベーシックパック 0円 30,000円(5VM)
Webサーバーパック + クラウド運用 標準サービス 228,000円 250,000円〜
ファイルサーバーパック 336,000円 250,000円〜

本マネージドサービスは、本日よりソフトバンクテレコムおよび、ソフトバンクC&Sの取り扱いサービスとして提供されます。この他、順次VMwareパートナー各社への提供も進めてまいります。エス・アンド・アイは、本マネージドサービスを通じて、VMware仮想化プラットフォームを利用するあらゆる企業のクラウド活用ニーズに応えてまいります。

以上

【エス・アンド・アイ株式会社について】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部 担当 増田

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353

【お客様からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353