Windows 10 IoT Enterprise / Windows Embedded Standard 7 搭載
シンクライアント専用端末 ThinBoot ZERO

» 今すぐ見積り依頼する

ThinBoot ZEROの4つの特長

特長1:豊富なラインアップ

豊富なラインアップ

» 詳しく見る
特長2:柔軟なカスタマイズ性

柔軟なカスタマイズ性

» 詳しく見る
特長3:管理ツールの標準提供

管理ツールの標準提供

» 詳しく見る
特長4:Windows Embedded OS搭載端末

Windows Embedded OS

» 詳しく見る

ワークスタイルに応じて選べる、豊富なラインアップ

ポータビリティに優れたタブレットタイプ・ノートタイプから、デスク周りをスッキリ保てるデスクトップタイプまで、オフィス環境やワークスタイルに合わせてお選びいただけます。

ThinBoot ZERO Type D

DELLのPCをベースにしたシンクライアント専用端末です。DELLだからこそ実現できる低価格と、ニーズに応じてお選びいただける豊富なラインアップが魅力です。

» ThinBoot ZERO Type Dについて見る

ThinBoot ZERO Type L

LenovoのPCをベースにしたシンクライアント専用端末です。操作性の良さで根強い人気のトラックポイントがシンクライアント端末でも利用できます。

» ThinBoot ZERO Type Lについて見る

ThinBoot ZERO Type M

Microsoft Surface Pro 4をベースにしたシンクライアント専用端末です。安全かつ高い機動力を持つSurfaceは、外出の多いビジネスパーソンに最適です。

» ThinBoot ZERO Type Mについて見る

UIも起動時の設定も自由自在

インターフェースのカスタマイズ

デスクトップ画面のカスタマイズ

企業ロゴの配置や使い易さを重視したアイコンの配置、壁紙の設定…あらゆる世代が迷わず使えるシンプルなインターフェースや、さまざまなモバイル環境に対応した分かり易いアイコン配置など、各企業ニーズに応じたデザイン変更に対応します。

起動時のカスタマイズ

起動時の初期設定とEmbedded OSのカスタマイズ設定

お客様のご要望に沿ったマスターの事前適応・出荷や、標準設定以外のEmbedded OSのカスタマイズにも柔軟に対応します。

    【カスタマイズ例】
  • VNCクライアントを導入し、ヘルプデスクからのサポート時に画面を共有
  • 指紋認証デバイスと組み合わせてシングルサインオンを実現
  • SkypeとWebカメラのドライバーをインストールしサーバーに負荷をかけないビデオ会議の実現

端末の運用管理をより簡単に。ThinBoot Management Server

大規模なシンクライアント環境において、端末の運用管理をより簡単にするのが、ThinBoot ZERO運用管理ソフトウェア『ThinBoot Management Server』です。ThinBoot ZEROを一定台数以上をご利用のお客様には、ThinBoot ZERO Management Serverソフトウェアライセンスを無償で提供しています。(構築費別)

標準提供される管理ツールの仕組み

端末接続状況の管理

  • 専用エージェントがインストールされた端末の接続状況を管理
  • シンクライアント端末が100台以上の大規模環境の運用に最適

一括ソフトウェアアップデート

  • イントラネットに接続したときにアップデートの可否を通知
  • ユーザーはキーボードを数回押す、もしくは再起動するだけでソフトウェアを最新の状態に更新可能

選べる2種のセキュリティーオプション

指紋認証(DDS UBFシリーズ)

指紋認証で確実に本人認証

Windows 10に搭載される生体認証機能「Windows Hello」に対応する認証ハードウェア(UBFシリーズ)をオプションでご用意しています。パスワードを記憶する必要や、定期的な更新などの運用面の負担、パスワードを書いておいたメモの紛失/盗難の危険があるパスワード認証に比べ、ユーザーの身体の一部を認証の素材として利用する生体認証は、セキュリティーや運用の観点からも注目されています。

UBFシリーズ
» UBFシリーズについて詳しく見る(DDS社サイト)
イメージ認証(SECUREMATRIX)

パスワードをイメージで記憶

B5/A4ノートモデルにオプションで追加可能な指紋認証以外に、パスワードをイメージで記憶する「SECUREMATRIX」もご用意しています。ログイン画面に表示される64個の数字からなるマトリクス表から、事前に設定した「位置」と「順番」からなる「パスワードイメージ」で数字を抜き出し、パスワードとして認証させます。

SECUREMATRIXの仕組み
» SECUREMATRIXについて詳しく見る(CSE社サイト)

オプション

Windows Embedded OSで、
コストをかけずにセキュアな環境を手に入れる。

Windows Embedded OSを採用すれば、導入コストの高いシンクライアント環境を用意しなくても、最低限のセキュリティーを確保することもできます。端末へのデータ保存や外部装置の接続を禁止。アプリケーションは従来通り端末にインストールして利用できます。

ただし、アプリケーションを端末側にインストールして利用するため、シンクライアント環境に接続して利用する場合よりも十分なスペックが必要となります。

端末推奨スペック

CPU:Intel Core i3 プロセッサ(2.1GHz)以上

メモリ:4GB以上

フラッシュメモリ:60GB以上

※ 使用するアプリケーションによって異なりますが、最低限必要となる端末スペックです。

» ThinBoot PLUSについて詳しく見る
ThinBoot PLUSの概要図

ラインアップ

導入事例

関連するページ

- Contact Us -

資料請求・お見積・ご相談は、S&Iまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 各種資料のダウンロード