ニュース・お知らせ

2013年01月16日

ニュース

エス・アンド・アイ、BYODに最適なスマートフォンの内線化ソリューションの改良版
「uniConnect II+」をiPhone向けにリリース
~セルフサービス機能の充実で、スマートフォン管理者の負担を軽減~

エス・アンド・アイ株式会社

uniConnect II+

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:藤本司郎。以下、エス・アンド・アイ)は、スマートフォンを企業の内線電話として利用する『uniConnect(ユニコネクト)』のダイヤルアプリケーションの最新版『uniConnect II+(ユニコネクト・ツー・プラス)バージョン2.2 for iPhone』の提供を開始しました。

企業におけるスマートフォンの導入が進み、同時にBYOD(Bring Your Own Device:私物端末の業務利用)などワークスタイルの変化がみられる中で、企業の管理部門は、従業員の公私時間の区分や残業管理、運用負担の増加などに悩んでいます。この度、いくつかの機能改善を実施した『uniConnect II+』は、従来からの公私時間の設定などの機能に加え、iPhone 5スクリーンサイズへの対応や通信機能の強化、さらに管理者の負担を減らすことができるセルフサービス機能の充実が図られています。

uniConnect II+ダイヤラーアプリケーションの入手方法

App Storeからダウンロードできます。既リリースのアプリケーション『uniConnect II』とは別称であり、別アプリケーションとなります。すでに『uniConnect II』 を導入されている方は、通信先であるuniConnectシステム(専用のIP-PBXサーバー)のソフトウェアモジュールを最新版にアップグレードすることで、最新の『uniConnect II+』へ移行することができます。

uniConnect II+の特長

  1. uniConnectサーバーとの接続監視を強化
    バッテリー消費を抑えつつ3G/LTE回線の「圏内 or 圏外」など電波状態を常時検知し、uniConnect II+ダイヤラーとuniConnectサーバーのより細かな接続制御を実施。相手先番号が着信表示されない確率を軽減。
  2. 簡単なセルフサービス設定インポート機能
    携帯電話番号を認証キーとした一括インポート方式を採用しました。利用者が自分自身でuniConnectシステムとの接続設定を完結させることができます。従来、端末毎に管理者が行っていたアプリケーションの設定作業が大幅に軽減されます。
  3. セルフ転送設定機能の拡張
    業務時間外や長期休暇時に役立つ「セルフ転送」や「話中」時における着信の動作設定に、以下の項目が追加されました。転送機能が有効となる時間帯を細かく設定できるほか、音声による応答メッセージは選択した項目に基づいたアナウンスが流れるなど、公私時間の区分に応じて適切な対応が行えるようになりました。
    • 転送
    • 留守番電話
    • 音声応答:不在応答
    • 音声応答:営業時間終了
    • 音声応答:定休日
    • 音声応答:休日
    • 音声応答:長期休業
  4. リアルタイムアドレス帳同期機能
    端末のアドレス帳の追加・編集・削除をリアルタイムにuniConnect II+アプリケーションに反映されるようになりました。
  5. その他の変更点
    • ダイヤラーのデザイン変更およびiPhone 5スクリーン(Retinaディスプレイ)への対応
    • 自動音声応答アナウンスの変更
    • uniConnec II+ 画面キャプチャ

なお、uniConnect II+のAndroid対応は、2013年前半に提供される予定です。

以上

【エス・アンド・アイ株式会社について】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。
また、エス・アンド・アイは、ヴイエムウェア社から豊富な仮想化実績の証として「VMwareエンタープライズ・パートナー」に、日本IBMからはSystem xやストレージ製品の高いスキルを保持している証として「System x スペシャリティー」および「System Storageスペシャリティー」に認定されています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部 担当 増田

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353

【お客様からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353