ニュース・お知らせ

2010年07月28日

ニュース

エス・アンド・アイ、グーグル社の基本ソフト「アンドロイド」搭載スマートフォンに対応した
企業向けの発信専用ダイヤラー「uniConnect for Android」をリリース

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本司郎)は、「Xperia(エクスペリア)」や「HTC Desire(エイチティーシーデザイア)」をはじめとする、グーグル社の基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォンで利用可能な、企業向け発信専用ダイヤラー「uniConnect(ユニコネクト)for Android」を発表します。アンドロイド版uniConnectのダウンロードは、2010年8月1日より、エス・アンド・アイのWebサイトから開始します。

uniConnectインターフェース

uniConnectは、2009年にiPhoneを企業の内線電話として利用するためにエス・アンド・アイが開発した発信専用ダイヤラーです。uniConnectは、米国コミュニゲート・システムズ社のCommuniGate Pro(SIPサーバー)を経由して、スマートフォンからの「会社の電話番号での発着信(FMC: Fixed Mobile Convergence)」を実現します。uniConnectは、これまでアップル社のiPhone専用のダイヤラーでしたが、この度アンドロイドに対応したことでスマートフォン端末の選択肢が広がり、契約している携帯電話会社、NTTドコモ・ソフトバンクモバイル・KDDI(au)が混在している企業においても、各社スマートフォンを内線電話として利用できるようになります。

uniConnectダイヤラーを使えば、オフィスでも外出先でも、企業が契約している固定電話回線を経由して電話をかけることができます。1台のスマートフォンから、標準ダイヤラーを使用して携帯番号発信、uniConnectダイヤラーを使用して企業番号発信と、私用と業務利用で番号を使い分け、通話料金も分計されますので、公私を1台のスマートフォンで利用することができます。

また、一般的に、企業で契約される電話回線の通話料は、携帯電話の通話料よりも低額に設定されていますので、uniConnectの導入により、毎月の通信コストを削減することにも役立ちます。

エス・アンド・アイは、uniConnect発信専用ダイヤラーのアンドロイドへの対応を機に、今後さらに企業の導入が進むとみられているスマートフォンのビジネス利用を促進すると共に、uniConnectソリューションの導入提案を積極的に進めてまいります。

以上

【エス・アンド・アイについて】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。
また、エス・アンド・アイは、ヴイエムウェア社から豊富な仮想化実績の証として「VMwareエンタープライズ・パートナー」に、日本アイ・ビー・エム社からはPCサーバーに対する技術力の高さの証として「System x バリューパートナー(VPP)」に認定されています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社

マーケティング部/増田

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7128

【システム構築・製品に関するお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社

第三事業部

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7380

※iPhoneは、Apple Inc.の商標です。

※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

※Xperiaは、Sony Ericsson Mobile Communications ABの商標または登録商標です。

※Androidはグーグル インコーポレイテッドの商標または登録商標です。


※iPhoneは、単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。

※このほか、本リリースに記載される企業名および製品名は、各社の商標または登録商標です。