ニュース・お知らせ

2008年11月10日

ニュース

次世代サステナブル緊急地震速報端末「EQ HUSIC」の販売を開始
~本年度中にパッケージとして商品化~

エス・アンド・アイ株式会社
株式会社アイピースクエア

エス・アンド・アイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本充司、以下 エス・アンド・アイ)は株式会社アイピースクエア(本社千代田区、代表取締役:小川哲男、以下 アイピースクエア)と、HUSIC Conceptを発表し、製品シリーズとして本年中に次世代サステナブル緊急地震速報端末「EQ HUSIC(ヒュージック)」をリリースします。

「HUSIC Concept」とは
「HUSIC Concept」は、「Human」「Society」「ITcommunity」を合わせた造語です。IT技術によって、人と社会に安心・安全を与え、音楽のように日常の生活空間に溶け込むことをコンセプトとした製品群のブランド名です。
「EQ HUSIC」だけでなく、防災、環境、防犯、省エネ、デジタルコンシェルジュ、デジタルサイネージといった一連の製品群を充実させ「HUSIC Conceptシリーズ」として家電や設備等への連携も前提に展開してく予定です。
※ HUSIC Conceptは株式会社アイピースクエアの登録商標です。

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」製品イメージ

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」は、エス・アンド・アイとアイピースクエアが共同で開発した、次世代サステナブル地震速報端末です。「EQ HUSIC」は、平時ではオフィスや、学習塾教室、一般住宅のダイニングやリビングにおいてデジタル写真/動画表示やカレンダーとして使用しますが、対象地域に影響のある緊急地震速報が入ると、瞬時に音声と画像で警報を発します。

<緊急地震速報端末「EQ HUSIC」製品イメージ>
※ 地震速報が感知されると即座に画面が切り替わる。

緊急地震速報システムの仕組み

エス・アンド・アイは、「EQ HUSIC」の販売を開始するとともに、「EQ HUSIC」を用いた緊急地震速報システムを提供します。このシステムは、(財)気象業務支援センターから配信される緊急地震速報をエス・アンド・アイの設置するサーバーを経由させ「EQ HUSIC」に配信するサービスです。配信サービスとしては、エス・アンド・アイが二次配信業者として(財)気象業務支援センターからの緊急地震速報の再配信、企業や個人からの代金収納、運用保守を担当します。※1
全国展開のために再配信サーバーをライセンス供与することで、地方自治体を始めとした、新規事業協力者の参入を容易にします。また、安全、安心かつ地域密着型のコンテンツ配信プラットフォームとして新たなメディアデバイスと位置づけた発展をも企画しています。※2

緊急地震速報システムサービスイメージ

緊急地震速報システムサービスイメージ

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」の特徴
緊急地震速報端末「EQ HUSIC」は、昨今売り上げが急伸している高精細なデジタルフォトフレーム機能と地震発生時には即座に緊急地震速報を発する地震速報端末機能を併せ持つ生活・仕事シーンに溶け込んだ製品となっています。
さらに付加価値として上げられるのは、アイピースクエアが開発したセンサーステーション(ASABiシリーズ)を接続することによって、複数のデバイスから取得した情報を表示したり、複数の機器との連動が可能だという点です。緊急地震速報と館内放送機材、ドアや窓の開閉などといった機器との連動や、携帯電話からの操作、温湿度やCO2といった環境情報の表示が可能となります。たとえば、国内外で大きな課題となっている環境管理については、アイピースクエアのコンセント型環境センサーステーションと接続することによって、環境センサーデータの表示にとどまらずこれらのデータをもとにデータマイニングを実施し、室内の環境・快適性を生活者の視点でわかりやすく表示することも特徴のひとつです。

今後の展開
緊急地震速報端末「EQ HUSIC」は、初年度の出荷台数目標として5,000台、来年度は30,000台を見込んでいます。今年度末までに、パッケージとして商品化し、代理店や量販店での販売を開始します。

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」の写真
※ 緊急地震速報端末機の写真。通常時はフォトフレームとして機能する。

緊急地震速報端末機の写真
緊急地震速報端末機の写真

製品・サービス概要
<「HUSIC Conceptシリーズ EQ HUSIC」概要>
標準小売価格:28,000円~(予定)
<配信サービス概要>
月額利用料:企業・法人向け 5,000円~/月額(予定)
一般家庭向け 500円~/月額(予定)
※ 詳細はお問い合わせください。

緊急地震速報端末「EQ HUSIC」/製品仕様概略

本体 235(W)×160(H)×34(D) 7.0” 16:9 TFT LCD
インターフェース USB2.0×1、Audio out jack×1、LAN×1、Wi-Fi×1
メモリーカード SD、MMC、MS、MS pro、XD
表示可能形式 画像  :JPEG、BMP
音楽  :MP3、WMA、AAC、OGG
ビデオ :MJPEG、MPEG1、MPEG-4、H.264

以上

【エス・アンド・アイ株式会社について】

エス・アンド・アイは、インテグレーション事業として、数多くの仮想化実績を誇るサーバー・ビジネスを中心に、サーバー、ネットワーク、コンタクトセンター、ソフトウェア開発、設備設計・工事などさまざまなICT分野でコンサルティングから設計、導入、構築、運用、保守に至るまでの総合的な基盤ソリューションサービスを提供しています。近年では、システムインテグレータとしてセンサーネットワーク事業を本格化するなど、常に新しい技術に挑戦していくエキスパート集団です。
(エス・アンド・アイ:http://sandi.jp

【株式会社アイピースクエアについて】

アイピースクエアは、長年にわたり研究・蓄積してきたIPネットワークの中核技術をベースに、TCP/IP(TOE),IPSec,IPv6を100%ハードウェアで実現するハードウェアIPコアを開発しています。同時に、この技術を環境データマイニングシステムにも生かすなど、「自然、人、社会とITの融合」を目指したソリューションを展開する先進技術者集団です。
(アイピースクエア: http://www.ip-square.com/
(参考:http://www.ip-extreme.com/news/releases/rel080521.html

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング部/岸本・石川

Email: info@sandi.co.jp Tel: 03-5623-7353

【販売に関するお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 センサーネットワーク企画室/野呂・白井

Email: info@sandi.co.jp Tel: 03-5623-7380


【株式会社アイピースクエアお問い合わせ先】

株式会社アイピースクエア/小川

Email: contact@ip-square.com Tel: 03-3262-9325