セミナー・イベント

HCI市場を牽引する2大製品 Nutanix vs vSAN 徹底解剖!
〜 導入コスト抑制のカギは「10Gスイッチ」にあり〜

スイッチと外部ストレージを排除したシンプルな構成により、運用負担の軽減や優れた拡張性でミニマムスタートできることから、近年、仮想化インフラとして注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。

その市場を牽引するのがNutanixとvSANです。

本セミナーでは、NutanixおよびvSANそれぞれの特長や事例をメーカーの立場から解説するとともに、その性能や機能を比較した結果をもとに、環境や利用シーンに合わせた製品の「選び方」をご紹介します。さらに、HCI導入の課題の1つでもある「コスト」にも焦点を当て、コスト抑制の影の立役者「NETGEARの10Gスイッチ」の実力を検証します。

2018年12月12日(水)15:00-17:20【受付開始:14:30】

無料【事前登録制】/定員50名

プログラム

15:00 - 15:40

HCI Powered by vSAN の魅力

昨今、益々盛り上がりを見せるハイパーコンバージドインフラですが、VMware の HCI としてストレージエンジンの中核を担っているvSAN について、vSAN ならではの差別化ポイントやユースケース、実際のお客様の事例や使って頂いた感想をお届けします。

ヴイエムウェア株式会社

15:40 - 16:20

HCI を基盤とした次世代ハイブリッドクラウド ソリューション - AHV と Enterprise Cloud OS のご紹介

Nutanix は HCI という言葉を作り、リーダーとして HCI マーケットを創出してきました。現在ではマルチクラウド環境に最適なハイブリッドソリューションを提供する Enterprise Cloud Company となったNutanix ですが、本セッションでは基盤技術である HCI まわりのアップデートを中心に、大きな差別化要素として AHV を始めとする柔軟な選択肢をご紹介いたします。

ニュータニックス・ジャパン合同会社

16:20 - 16:30

休憩

16:30 - 17:10

性能比較から見る製品の選び方とコスト抑制の”コツ”を伝授!
〜わずか10万円台から始められるNETGEARの10Gスイッチの実力とは?〜

NutanixとvSANを性能面/機能面の両面から比較検証した結果をもとにした選定ポイントや、HCI環境に欠かせない「10Gスイッチ」に焦点を当て、中小規模向けに最適なラインアップが充実するNETGEARの10Gスイッチの実力など、SIerの立場からコストを抑えながらニーズに適したHCI環境構築のポイントをご紹介します。

エス・アンド・アイ株式会社

17:10 - 17:20

質疑応答

会場・アクセス

会場

ネットギアジャパン合同会社 セミナールーム
東京都中央区京橋3-7-5 京橋スクエア8F

アクセス

東京メトロ銀座線「京橋駅」出口1より徒歩1分
※2018年6月末より11月頃まで出口1が閉鎖となります。閉鎖中は出口2をお使いください
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」徒歩5分
都営地下鉄浅草線「宝町駅」徒歩1分
JR各線「東京駅」徒歩9分

Map

共催:エス・アンド・アイ株式会社/ニュータニックス・ジャパン合同会社/ネットギアジャパン合同会社/ヴイエムウェア株式会社