他社製PBXとuniConnectの連携

既存のPBXとuniConnectシステムを連携することで
資産を有効活用しながらスマートフォン内線化を実現できます。

いまお使いのIP-PBXは何ですか?
既設の固定電話システムはそのままに
スマートフォンの内線化を追加拡張することができます。

今お使いのPBXと連携して、
資産を有効活用

現在お使いのPBXとuniConnectシステムをSIP連携させられるかもしれません。

今のところuniConnectシステムに対応する固定電話機は、SAXAのIP電話機のみです。しかし、既存のPBXの機能拡張という位置づけで、uniConnectを連携させれば、固定電話システムはそのままにスマートフォンの内線化を実現できます。もちろん、既存の固定電話機もそのままお使いいただけるので、これまでの投資を無駄にせず、導入費用も抑えることができます。

既存の資産を有効活用

ご要望はスモールスタート?
uniConnectは段階的に導入できます。

uniConnectシステムのポテンシャルは、オフィス内の固定電話を最小限まで減らし、スマートフォンを固定電話のように使えること。

しかし、一度に全員分のスマートフォンを契約し、内線化するには端末コストも含めて初期費用はそれなりに上がるはず。何よりも、いま稼働している電話システムがもったいない。

いまお使いの電話システムと、uniConnectを連携させることで、固定電話からスマートフォンへの切り替えを段階的に行うことが可能です。営業職など外出の多い社員からuniConnectに移行すれば、コストも段階的にスマートフォン内線化していくことができます。

そう、uniConnectシステムの拡張は、会社の成長に合わせて自由自在なんです。

既存PBXとの連携で段階的にスマートフォンを内線化

システム構成

uniConnectとPBXの連携させる方法は、『SIP連携』と『PRI連携』の2種類があります。基本的にuniConnectはSIP接続になりますが、もし、今お使いのPBXがPRI接続にしか対応しなかったとしても、ボイスゲートウェイを経由してuniConnectと既存PBXを接続することができます。

SIP連携構成図

SIPに対応したPBXとの連携であれば、既存の電話環境にuniConnectシステムを追加するだけで他に必要なハードウェアはありません。ただし、SIPプロトコルはメーカーごとにカスタマイズされているため、連携の可否については機器ごとに検証が必要です。

SIP連携

PRI連携構成図

PRI接続のPBXの場合、uniConnectはボイスゲートウェイを経由して接続します。PRIは、プロトコルが国際電気通信連合(ITU-TS)で規定されているため、この方式では通信できないケースは基本的にありません。

PRI連携

接続検証済みPBX

uniConnectとの連携が検証できているPBXの一覧です。
その他のPBXとの連携は、事前の検証が必要となる場合があります。詳細については、エス・アンド・アイまでお問い合わせください。

NEC

UNIVERGE Aspire UX SIP連携
PRI連携
UNIVERGE SVシリーズ PRI連携

FUJITSU

LEGEND-V SIP連携
(CUCM対応IPトランク)
PRI連携
IP Pathfinder SIP連携
(CUCM対応IPトランク)
PRI連携

Avaya

ACM SIP連携
PRI連携

Cisco

CUCM SIP連携
PRI連携