トークン不要のワンタイムパスワードで
シンクライアントをよりセキュアに!

パスワードが多すぎて覚えられない!

パスワードを書いたメモや
トークンデバイスの紛失が心配!

もっと安全に活用したい!

ThinBoot ZERO 認証オプションで解決!

ThinBoot ZEROが採用するのは、頭の中に思い描くイメージからワンタイムパスワードを生成する『マトリックス認証』

シンクライアント環境にログインする際のセキュリティをより強固に。さらに、パスワード管理の煩わしさからも解放。

マトリックス認証でシンクライアント環境をさらに安全に活用

ThinBoot ZEROが採用する認証方法は、シンクライアント端末の認証で多くの実績をもつ、株式会社CSEが提供する『SECUREMATRIX』

ログイン画面に表示される64個の数字からなるマトリクス表から、事前に設定した「位置」と「順番」からなる「パスワードイメージ」を使って数字を抜き出し、パスワードとして認識させます。

ユーザーは、意味のない文字の羅列を暗記する必要はなく、「イメージ」でパスワードを暗記しておくだけで、セキュアにログインできるようになります。

データを端末に残さないシンクライアントシステムを組み合わせて利用することで、社内環境への不正アクセスやパスワード紛失による情報漏えい防止に役立ちます。

SECUREMATRIX認証の特長

マトリクス認証の採用

  • マトリクス認証は、ユーザーがあらかじめ設定した「位置」と「順番」(イメージパスワード)を使って、ランダムに表示される数字が変わるマトリクス表からその位置と順番に当てはまる数字を抜き取ってパスワードとして認識させる認証方式
  • 「位置」と「順番」は自由に組み合わせ可能
  • 「形」で覚えるから忘れにくい。意味のない文字の羅列からなるパスワードの暗記が不要に。

パスワードは毎回ランダムに自動生成

  • ユーザーが事前に登録したパスワードイメージに紐づく文字列は毎回変更される「ワンタイムパスワード」
  • ログインする度に表示される数字が変わる「マトリクス表」を使用し、パスワードイメージをもとにワンタイムパスワードを取得

よりセキュアにシンクライアント環境を利用可能

  • マトリックス表には64個の数字が表示され、パスワード長は8桁から64桁まで設定可能
  • パスワードが8桁の場合でもイメージパスワードの組み合わせは約280兆通りで、イメージパスワードが見破られる心配はほぼ不要
  • パスワードの管理負担が軽減でき、メモの紛失や漏えい、パスワードの貸し借りや忘れるという問題を回避
  • 紛失の恐れのあるトークンデバイスが不要

参考価格

25ユーザー
  • ソフトウェアライセンス価格:310,000円

※ 導入には、Active Directoryサーバーと連携する『認証サーバー』等の設置が必要となります。
※ 25ユーザー以上の価格については、別途ご相談ください。

- Contact Us -

資料請求・お見積・ご相談は、S&Iまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら 各種資料のダウンロード