ニュース・お知らせ

2018年03月16日

お知らせ

uniConnect 3 for iOS ver.3.1 (uniConnect 3+) リリースのお知らせ

エス・アンド・アイ株式会社

平素は、弊社および弊社ソリューションuniConnect(ユニコネクト)に格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

2018年3月26日、uniConnect 3 for iOSの最新バージョン3.1(以下、uniConnect 3+)をリリースいたします。iOSアプリケーション開発環境(Xcode)のバージョンアップに伴い、アプリケーションがバックグラウンドで停止する仕様へ変更されたことをうけ、本バージョンでは、Appleの提供するAPNs(Apple Push Notification Service)のプッシュ通知機能を実装しております。

【対象】

現在、サーバータイプ(オンプレミス)でuniConnectをご利用中のお客様

【変更改善点】

uniConnect 3+のダイヤラーアプリケーションが起動していない状態でも、プッシュ通知機能によってアプリケーションを起動させてから着信する仕様へ変更となります。これにより、着信時の発信者番号の表示率が従来よりさらに向上します。ただし、通信状況によりその限りではございません。(※ 操作方法やその他機能については、変更ありません。)

なお、当社では、uniConnect 3 for iOS ver.3.0.x(以下、uniConnect 3)をご利用のお客様につきましては、uniConnect 3+へのバージョンアップを推奨しております。バージョンアップに関しましては、ご導入いただいた際のベンダー様へお問い合わせください。

【対応OS・端末】

uniConnect 3 for iOSでは原則として最新を含む3世代までのOSをサポート対象としております。対応端末は最新のiOSがサポートしている機種を対象としております。なお、現在のサポート対象は、iOS 9以降および、iPhone5s、iPhone SEおよび、iPhone 6以降となります。

【注意事項】

  • 本機能を利用するためには、uniConnectモジュールver3.1.1一式と、プロバイダver.1.0.0一式(ともに2018年3月26日リリース)をuniConnectサーバーに導入する必要があります。
  • プッシュ通知を利用するためには、端末とAPNs間にて443、5223ポートで通信可能である必要があります。
  • 現在、uniConnect 3をご利用中のお客様の移行に関しましては、uniConnect 3およびuniConnect 3+が共存可能な環境を提供させていただきます。

【本件に関するお問い合わせ先】

エス・アンド・アイ株式会社
uniConnectサポート窓口
Email:unico-support@sandi.co.jp