ニュース・お知らせ

2015年10月01日

お知らせ

ThinBoot ZERO(レノボ製ハードウェア)における統計データを収集するソフトウェアに関するお知らせ

エス・アンド・アイ株式会社

弊社が提供しておりますシンクライアント端末『ThinBoot ZERO』シリーズは、起動OSとしてWindows Embeddedを採用しており、弊社が過去に販売したモデルに、「Lenovo collects usage data on ThinkPad, ThinkCentre and ThinkStation PCs」として、Think製品にデータを収集するソフトウェアが搭載されたモデルはございません。

なお、今回該当ソフトウェアとして挙げられている以下のソフトウェアは、Windows OS上で起動するソフトウェアであり、Windows Embedded上では起動しません。

【該当ソフトウェア】
Lenovo Customer Feedback Program 64 (LCFP), Lenovo Experience Improvement (LEI)
Lenovo Customer Engagement Service (LCES), CCSDK

また、ThinBoot ZEROは、シンクライアント端末として出荷する際に、お客様の仕様にあわせたソフトウェア以外はインストールすることはありません。ご導入いただきましたお客様につきましては、引き続き安心してご利用いただけます。

なお、レノボ・ジャパンからの公開情報「レノボの統計データ収集に関する声明」に関するレノボの見解(http://www.lenovo.com/news/jp/ja/2015/09/0928.shtml)はこちらからご覧いただけます。