ニュース・お知らせ

2015年09月15日

ニュース

エス・アンド・アイ、クラウド型電子カルテ『Karte Cloudサービス』のiPhone/iPadアプリケーションを刷新
〜操作性の高いインターフェースで在宅医療における医師や看護師の情報連携をサポート〜

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤本司郎。以下、エス・アンド・アイ)は、クラウド型電子カルテサービス『Karte Cloud(カルテクラウド)サービス』のiPhone/iPad向けアプリケーションを在宅医療や訪問看護の現場で、より便利に、より使いやすくご利用いただけるようにバージョンアップをいたしました。

『Karte Cloudサービス』は、入院施設の無いクリニック・診療所向けに、経済産業省の公募事業である「ドルフィン・プロジェクト」で開発されたオープンソースの電子カルテをベースにしたクラウド型電子カルテサービスとして、2011年3月から提供しています。院外からでも素早くカルテ内容を確認できる電子カルテは、在宅医療や訪問看護などの現場において、医師と看護師、医療事務スタッフの情報共有をより正確かつリアルタイムにできることから、スタッフ間の業務連携の強化や業務の効率化が期待されています。

今回のバージョンアップでは、iPhoneやiPadさえあれば、看護師が患者宅でも、より簡単な操作で医師が作成した処方を確認しながら、看護に集中できるように、片手でも操作できる使い勝手を意識したユーザーインターフェースへと大幅に機能改善しました。患者の基本情報、傷病、処方、カルテ、検査情報ごとに用意されたタブをクリックするだけで画面を切り替えることができ、直感的でわかりやすい操作で必要な患者のカルテ情報を閲覧できます。また、過去の診察履歴も、日付を指定するだけで簡単に閲覧できます。患者の容態や経過に合わせたケアの実現を通じて、患者やその家族が安心して療養生活を送れるよう、訪問看護サービスの品質向上に貢献します。

使い勝手のよくなった、iPhone/iPad版『Karte Cloudサービス』は、端末さえあれば、場所や時間にかかわらず、必要なすべてのカルテ情報へアクセスでき、患者一人ひとりに最適な診療と看護を提供できる環境を実現します。紙カルテやPC端末などを持ち運ぶ必要もなくなり、訪問看護における医師や看護師の負担軽減を一層後押しします。さらに、暗号化通信により、外出先からでも安全にカルテ情報を確認できます。また、端末にデータを一切残さない仕様で設計されており、情報漏えい対策の観点からも安心してご利用いただけます。

エス・アンド・アイでは、医師や看護師が、患者宅でもクリニックや診療所と変わらない治療やケアを提供できるよう、操作性の向上を追求し、『Karte Cloudサービス』の機能改善を継続的に続けてまいります。

以上

【エス・アンド・アイ株式会社について】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるICT基盤の統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発など、つねにお客様が求めるシステムの構築、運用技術を磨いてまいりました。昨今ではスマートデバイス活用を中心とした各種サービスやソリューション、IoT分野やビッグデータ分析にも注力し、これまで蓄積した技術を活用し、よりお客様の事業を支援するソリューション、サービスの提供を行っています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部 担当 村田

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353

【お客様からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング本部

Email:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353