ニュース・お知らせ

2015年04月16日

お知らせ

uniConnect 3 / uniConnect II+のiOS 8.3正式サポートについて

エス・アンド・アイ株式会社

平素は、弊社および弊社ソリューションuniConnect(ユニコネクト)に格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

本日、uniConnect II+ for iOS ver2.2.3(*1)およびuniConnect 3 for iOS ver3.0.6において、iOS 8.3を正式にサポートすることをお知らせいたします。

iOS 8.3のバージョンアップに伴い、これまで発生していた以下の不具合が改善されました。iOS 8.3においては、強制停止されたアプリケーションが自動復旧をするようになり、uniConnectの利用で発生していた問題も解消されました。

【iOS 8にて発生していた問題とiOS 8.3で解消された事象】
OSのメモリ不足時のアプリケーション強制停止処理以降に自動で再起動されない
iPhoneのメモリの空き容量が不足すると、OS側が常駐しているアプリケーションを強制的に停止します。iOS 7までは、アプリケーションが強制停止されても自動起動されていましたが、iOS 8では再起動されないという事象を確認しておりました。

このiOS 8の不具合により、uniConnectダイヤラーが強制停止された状態で使い続けた際、着信番号が適切に表示されなかったり、VoIPモードやピックアップ着信方式を利用している場合に着信通知が行われないなどの問題が発生していました(いずれもiOS 8.3へのバージョンアップで解消されます)

【その他:VoLTEの利用について】
iOS 8.3のリリースと共に各キャリアから発表されている「VoLTE(Voice over LTE)」のご利用も可能となります。uniConect使用時にVoLTEを利用することで以下のメリットがあります。

  1. CF(コールフォワード)/CB(コールバック)モード共に発信処理が早くなります。
    (弊社の実測値では、通話が成立するまでの時間が5〜6秒 ⇒ 3〜4秒に改善)
  2. 通話時のデータ通信がLTEのままとなるためパケット通信が安定・高速化され、保留・転送などの処理が早くなります。
  3. 通信品質が向上する可能性があります。

※VoLTEの契約および仕様については、契約している各通信キャリアにご確認ください。

(*1) uniConnect II+ / iOS 8.xにおけるアドレス帳機能の制限事項について
uniConnect II+をiOS 8.xで利用する際に、アドレス帳の表示および編集項目にて「氏名・会社名・画像」が表示されない事象を確認しております。本事象につきましては、Apple社への確認および弊社での改善調査を実施しており、修正版をリリースする方針でとり進めておりますが、当面の間、同バージョンの環境でアドレス帳の編集が必要な場合は、iOSの標準アプリケーションである「連絡先」から編集するようにしてください。

20150416_uniconnect

以上

【本件に関するお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社

uniConnectサポート窓口

Email: unico-support@sandi.co.jp

電話番号:03-5623-7353