ニュース・お知らせ

2014年06月27日

お知らせ

IBMが提供するIaaSサービス『SoftLayer』の取り扱いを開始

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイは、IBMが提供するIaaS型クラウドサービス『SoftLayer』の取り扱いを開始します。

SoftLayerは、AmazonやRackspaceと同様に、世界中で非常に多くの企業に利用されているクラウドサービスです。エス・アンド・アイでは、お客様ニーズに合わせて、SoftLayer上に環境を構築する「クラウドインテグレーションサービス」と、SoftLayer環境の監視・運用サポートする「クラウドマネジメントサービス」を提供いたします。

1. クラウドインテグレーションサービス
ファイヤウォールやネットワークの設計や設定、ロードバランサーやサーバー、ストレージの設計や設定などのSoftlayer構成や、お客様オフィスやデータセンターなどの運用環境との接続など、お客様ごとに異なるニーズにあわせて、SoftLayer上への環境構築を支援します。

主な特長は以下のとおり。

  • セキュリティ
    • Softlayer上のお客様環境を外部の脅威から守るファイアウォール
    • アンチウイルスやアンチスパイウェア機能
    • 侵入検知機能
    • 脆弱性診断
  • ネットワーク
    • パブリックネットワーク・管理ネットワーク・プライベートネットワーク
    • CDN、DNS
    • ファイアウォール
    • 負荷分散装置
    • メンテナンス用ネットワーク
    • グローバルIPアドレス
  • ストレージ
    • 複数のサーバーからアクセスを可能にするNAS
    • 高速なI/Oを要求するiSCSI
    • お客様ニーズに応じた豊富な容量オプション
  • サーバー
    • 物理占有サーバー、仮想サーバーの構成、CPU、メモリ、ディスクの割り当て
    • LinuxやWindowsなどOSの導入
    • ネットワーク構成
    • システムのバックアップ構成
    • 仮想サーバー間、および物理占有サーバーと仮想サーバー間の移行
  • お客様のデータセンターやオフィス環境とのハイブリッド構成
    • 世界中のSoftlayerデータセンターと接続するためのダイレクトリンク
    • 複数のSoftlayerデータセンター間の接続

2. クラウドマネジメントサービス
Softlayer 環境の監視、運用を支援します。お客様のデータセンター運用と合わせての支援や、既存の運用との連携など、日本のオベレーターがお客様のビジネスを柔軟にサポートします。

また、エス・アンド・アイのクラウドマネジメントサービスでは、SoftLayerへのクレジットカード支払いを代行し、お客様には請求書を発行します。従量課金で算出されたお支払いを、経理処理のしやすい日本円の請求書払いで行えます。

◎SoftLayerとは
世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを10Gbpsで結ぶデータセンター間ネットワークを無料で利用できます。仮想サーバー(およびHWを占有する仮想サーバー)や物理サーバーの選択が可能で、サーバー構成イメージを利用したサーバー間の移行も簡単にできます。高速なシステムの構築を可能にするリソースとネットワーク基盤を提供します。

>> SoftLayer(IBM社サイト)

以上