ニュース・お知らせ

2011年06月30日

ニュース

エス・アンド・アイ、強固な認証機能を備えたデスクトップ仮想化ソリューションを
シトリックス・システムズ社のCitrix XenDesktopに対応
~VMware ViewとCitrix XenDesktopの選択肢をお客様に提供~

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤本司郎。以下、エス・アンド・アイ)は、災害などによる出社制限時に、モバイル環境または在宅においても高いセキュリティでの利用を可能にする仮想デスクトップソリューション「Secured Desktop Cloud(セキュアード・デスクトップ・クラウド)」がシトリックス・システムズ社のCitrix XenDesktop(ゼン・デスクトップ)に対応したことを発表します。

2010年5月に発表した「Secured Desktop Cloud」は、サーバー上にある仮想化されたOSやアプリケーションを利用する仮想PC型シンクライアントシステムとして、ヴイエムウェア社のVMware Viewを採用していました。コンピュータ本体にデータを保管することができない他、利用時にユーザーID/パスワードに加え、周辺機器IDを認証に取り入れたことで、ユーザーのなりすましや機密データの不正コピーなどを防げるとして、発表以来、外資系生命保険会社や食品製造会社などセキュリティを重視する企業に導入されてまいりました。

東日本大震災の発生以降、多くの企業では災害による交通機関の混乱や停電などの経験を通じて、社員の在宅勤務への対応を進めています。特にモバイルツールを活用して、オフィス外でも安全に業務を遂行できるシンクライアントシステムに注目が集まっていることから、エス・アンド・アイは、よりモバイル環境に適したシンクライアントシステムを提供するために、Secured Desktop CloudのCitrix XenDesktopへの対応を行いました。

お客様は「Secured Desktop Cloud」の導入するにあたり、本日よりVMware ViewとCitrix XenDesktopのいずれかを選択することができます。USBデバイスからのクライアント端末の起動による内蔵ディスクへのアクセスの抑止、USBメモリやモバイルカードなどの機器IDを含めた強固な認証機能、プリンターやスキャナ、USBメモリなど、ユーザーが利用できるUSBデバイスの管理など、お客様のセキュリティポリシーに準じたレベルでの運用を可能にするシンクライアントシステムとして、より安全・安心な在宅勤務を支えるインフラとしてご活用いただけます。

以上

【エス・アンド・アイ株式会社について】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。
また、エス・アンド・アイは、ヴイエムウェア社から豊富な仮想化実績の証として「VMwareエンタープライズ・パートナー」に、日本アイ・ビー・エム社からはSystem xの高いスキルを保持している証として「System x スペシャリティー」に認定されています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング部 担当 増田

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353

【お客様からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社 マーケティング部 担当 星野/鈴木

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353