ニュース・お知らせ

2011年02月28日

ニュース

エス・アンド・アイ、診療所・クリニック向けの低価格な電子カルテサービス
『Karte Cloud』を2011年3月14日(月)から提供開始

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤本司郎。以下、エス・アンド・アイ)は、入院施設の無い診療所やクリニック向けに、インターネット経由で利用する電子カルテサービス『Karte Cloud(カルテクラウド)』を2011年3月14日(月)から提供開始します。

『Karte Cloud』サービスは、サーバーや電子カルテシステムを購入する必要がなく、診療施設内にPCやiPadがあれば、短期間で電子カルテの利用を開始できるという特長があります。『Karte Cloud』は、日医標準レセプトORCA(オルカ)と連携し、電子カルテに入力されたデータは『Karte Cloud』専用のセキュアなサーバーに保管され、クリニック内のPCはもちろんのこと、往診時に持ち歩くiPadなどのモバイルデバイスからも患者のカルテデータにアクセスすることができます。また、システムのメンテナンスやデータのバックアップは自動で行われるため、IT専門要員のいない診療所・クリニックでも、手軽に電子カルテに移行することができます。

『Karte Cloud』サービスの特長は、以下のとおりです。

  • オープンソースの電子カルテOpenDolphinをベースに開発した商用版電子カルテ『DolphinPro』(開発元:ライフサイエンスコンピューティング社)により、低価格を実現(月額46,000円から、初期費用100,000円、いずれも税別)
  • クリニックによるセキュアなサーバー環境の運用、およびカルテデータのバックアップが不要
  • 日医標準レセプトソフトORCAと連携して、電子カルテ上では、受付情報、診察結果の反映、薬品情報などをORCAのテーブルから参照が可能
  • ドクターが慣れ親しんだ紙カルテ2号書式を踏襲した電子カルテで、院内でも在宅診療でも、場所を選ばずにスムーズに診療情報の参照が可能
  • クライアントは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Mac OS X、iOS(iPhoneおよびiPad)などのOSに対応しているので、クライアントデバイスの選択が豊富

エス・アンド・アイは『Karte Cloud』サービスの開始にあたり、診療所・クリニックへのスムーズな導入を行うために、JRCエンジニアリング株式会社(東京都三鷹市 代表取締役社長:萬代明)と株式会社ヒューマンテクノシステム(福岡県福岡市 代表取締役:菊池文彬)の2社と販売代理店契約を締結しました。『Karte Cloud』サービスは2011年3月1日(火)より、上記2社を通じて申し込むことができます。エス・アンド・アイでは、さらに全国の診療所・クリニックへの導入支援を行うために、ORCAを取り扱うパートナー様を中心に、販売代理店を初年度20社まで増やしていく考えです。販売代理店と共に、医療現場への『Karte Cloud』サービスによる電子カルテの導入支援を積極的に進めてまいります。

以上

エス・アンド・アイ株式会社について

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。
また、エス・アンド・アイは、ヴイエムウェア社から豊富な仮想化実績の証として「VMwareエンタープライズ・パートナー」に、日本アイ・ビー・エム社からはSystem xの高いスキルを保持している証として「System x スペシャリティー」に認定されています。

報道関係者からのお問い合わせ

エス・アンド・アイ株式会社
マーケティング部/増田

Email: info@sandi.co.jp

電話番号:03-5623-7353

お客様からのお問い合わせ

エス・アンド・アイ株式会社
マーケティング部 担当 星野/鈴木

Email: info@sandi.co.jp

電話番号:03-5623-7353

※本リリースに記載される企業名および製品名は、各社の商標または登録商標です。