ニュース・お知らせ

2010年04月01日

ニュース

エス・アンド・アイ、ソフトバンクテレコムのクラウド型メールサービス
「ホワイトクラウドメールサービス」構築を支援
~メール、スケジュール、アドレス帳などのビジネス業務機能を iPhone、
携帯電話で利用可能なサービスのバックエンドシステムを提供~

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本司郎、以下、エス・アンド・ アイ)は、ソフトバンクテレコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長孫正義、以下、ソフトバンク テレコム)が本日より提供を開始するクラウド型メールサービス「ホワイトクラウドメールサービス」のシステム構築を支援しました。「ホワイトクラウドメールサービス」は、ビジネスコミュニケーションのプラットフォームとして、インターネット環境があれば、パソコンやiPhone™(アップル社製)、携帯電話などから、いつでもどこでも、安心・便利に業務を遂行できるクラウド型メールサービスです。

近年、新しいモバイルデバイスの登場やセキュリティに関する環境の変化により、企業に求められるコミュニ ケーション環境が大きく変化しました。また、コスト削減を求められる一方で、さらなる業務効率化や生産 性向上が求められています。

「ホワイトクラウドメールサービス」の構築にあたり、エス・アンド・アイが代理店として取り扱うアプリケーション「CommuniGate Pro(コミュニゲートプロ)」に、ソフトバンクテレコムの要望に応じて、セキュリティとユーザビリティに配慮した機能強化を行い、メールやスケジュール、アドレス帳を多様なデバイスから安全、快適に利用できる環境を実現しました。本サービスの運用においても、当社は継続的にサポートしてまいります。

エス・アンド・アイは、20年にわたるIT基盤構築やシステムの仮想化のノウハウを活かしながら、スマートフォンなどのさまざまなデバイスから、いつでもどこでも、必要なときに業務が行える企業のビジネスコミュニケーションの向上と利便性の高いワークスタイルの実現を目指してまいりました。「ホワイトクラウドメールサービス」の構築支援を通じて、メールやスケジュールなどの基本的な業務機能のクラウド利用を可能にし、引き続きあらゆる企業コミュニケーションツールのクラウド利用を念頭にビジネスを推進してまいります。

以上

【エス・アンド・アイについて】

エス・アンド・アイは、1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、センサーネットワーク、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発まで、お客様が求めるICT基盤の構築、運用技術を磨いてまいりました。さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・運用、そしてネットワークやファシリティの設計、施工、保守に至るまで、統合的なソリューションの提供を行っています。
また、エス・アンド・アイは、ヴイエムウェア社から豊富な仮想化実績の証として「VMwareエンタープライズ・パートナー」に、日本アイ・ビー・エム社からはPCサーバーに対する技術力の高さの証として「System x バリューパートナー(VPP)」に認定されています。

【報道関係者からのお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社

マーケティング部/増田・石川

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7353

【システム構築・製品に関するお問い合わせ】

エス・アンド・アイ株式会社

第三事業部/村田

Email: info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7380

※iPhoneは、Apple Inc.の商標です。


※Apple、Appleロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。

※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

※iPhoneは、単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。

※SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

※このほか、本リリースに記載される企業名および製品名は、各社の商標または登録商標です。