セミナー・イベント

「視える可視化」共催セミナー
〜VMware vSphere with Operations Management〜

急増し続ける仮想環境の、より一層の可視化を求める声を耳にする機会が多くなってきました。
VMware vSphere with Operations Managementはこれらのニーズに応え、仮想環境をより視覚的に把握しキャパシティの管理及び統合率の向上を実現し、さらに問題解決を容易にします。

本セミナーシリーズは、これから仮想化導入を検討されている方はもちろん仮想化環境の導入が普及してきた現状において、VMware vSphere with Operations Managementがどのように仮想化環境の情報を可視化するのか、またこれが具体的にどのようにお客様課題を解決するのか、更にお客様の仮想化への投資がどのように最大限の効果を出すのか、エス・アンド・アイとVMwareが得た経験をベースにご紹介させて頂きます。

たくさんのご参加をお待ち申し上げております。

2014年03月07日(金)13:30-17:00【受付開始:13:00】

無料【事前登録制】/定員30名

プログラム

13:30 - 13:40

ご挨拶

13:40 - 14:40

仮想環境はこう視る。
運用課題を解決するvSOMのご紹介

仮想環境のさらなる効率化を行うためには、さまざまな運用上の課題を解決する必要があります。
多くのお客様は、運用状況の簡単な把握、性能や可用性の維持、継続的なキャパシティプランニング、さらに障害解決の迅速化などの課題をお持ちです。
このセッションでは、仮想環境の可視化を進め、これらの課題を解決を行うために生まれた「vSphere with Operations management」をデモを交え、わかりやすく解説します。

15:00 - 15:30

事例で語る!vSphere with Operations Managementは仮想化運用に何をもたらしたか

どの企業においてもシステム管理者が抱える運用管理の悩みや課題はつきません。
本セッションでは、vSOMを活用し、安全で効率的な仮想環境の運用管理を実現している企業のリアルな事例に迫ります。

15:30 - 16:00

仮想システムの次のステップを見据えよ!
~増え続ける仮想化された環境をいかにコントロールするか~

仮想化というキーワードが一般的になった今、さらなる効率化を目指した運用管理を実現する機能や体制を整えておくことが将来のIT投資を考える上で重要となります。
いまから備えるべきポイントを仮想化のエキスパートがご紹介します。

16:00 - 16:15

導入をご検討のお客様へ、VMwareからのメッセージ

16:15 - 17:00

相談会

会場・アクセス

会場

ホテルマイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンター ルームC
〒101-0063  東京都千代田区神田淡路町2-10-6

アクセス

JR「御茶ノ水」駅下車聖橋口より徒歩5分
JR「秋葉原」駅下車電気街口より徒歩6分
地下鉄丸の内線「淡路町」駅A3出口より徒歩3分
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅B2出口より徒歩5分
地下鉄都営新宿線「小川町」駅A3出口より徒歩3分

Map

主催:ヴイエムウェア株式会社/エス・アンド・アイ株式会社