セミナー・イベント

情報漏えい対策に福音の鐘を鳴らす『仮想デスクトップシステム』登場 ~最新鋭のDesktop as a Servies~

近年、台数の多いクライアントPCの運用管理工数の軽減と、盗難・紛失やマルウェア感染などによる情報漏えい対策は、企業の重要な経営課題になっています。特に、内部統制やセキュリティの観点から、OSやアプリケーションのセキュリティ更新プログラムの適用などの運用管理、個人情報や機密情報などの漏えい対策は、情報システム部門の担当者にとってコストとリソース面で大きな負担になっています。

このような状況の中、利便性が高く、機密情報の持ち出しを防げるシステムとして、データをすべてサーバー上に保管し、内蔵ハードディスクを持たない「シンクライアントシステム」を採用する企業が増えています。特に金融機関等においては、現在のシンクライアントよりもセキュリティを強固に、かつコストパフォーマンスに優れたシステムを求められています。

本セミナーでは、運用負担とコストの軽減、強度の高い情報漏えい対策を実現するクライアントPC管理を実現するS&Iが5月13日(木)に発表した最先端の仮想デスクトップシステムをご紹介します。

セキュリティを高めたシステムを構築したいけど、どの製品か迷っている、コストを掛けて作るのであれば運用管理の軽減などの副次効果も狙いたい、そんなニーズをお持ちのエンドユーザー企業にお勧めのセミナーです。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2010年05月28日(金)15:00-17:00【受付開始:14:30】

定員20名

プログラム

15:00 - 15:10

はじめに

セミナーAgendaなどのご説明をします。

15:10 - 16:00

金融業界が求めるセキュリティ認証を強化した仮想デスクトップ

5月13日にリリースしたばかりの「Secured Desktop Colud」の仕組みと効果を事例を交えてお話します。 「Secured Desktop Colud」は、ユーザーアカウント、起動用USB、PC本体モバイルカードなどの個人認証と機器認証などの情報を完全一致させることでセキュリティを最大限に高めた仮想デスクトップです。
従来のシンクライアントシステムでは、セキュリティ・パッチとAnti-Virusのアップデートの完全適用などの運用を煩雑にしていました。 「Secured Desktop Colud」は、各拠点に赴き、一台一台PCをセットアップするなどの手間のかかる作業を一元的に管理し、 PC運用の管理負担を軽減します。本セッションでは、TCOを削減する最先端の仮想デスクトップシステムと金融機関での採用事例をご紹介します。

エス・アンド・アイ株式会社

16:00 - 16:10

休憩

16:10 - 17:00

仮想デスクトップ統合とクラウドにむけたプラットフォームの実現

本セッションでは、仮想デスクトップを実現するVMware Viewの機能に関して運用管理・セキュリティに対する効果を、お客様事例を含めてお話します。また、今後のクラウド環境を見たときに、仮想 デスクトップ環境がどのように仮想サーバープラットフォームと連携していくのかを最新のハードウェア動向と合わせてご紹介します。

ヴィエムウェア株式会社

17:00 - 17:20

Q&A

各セッションの担当講師が皆様のご質問にお答えします。

会場・アクセス

会場

ヴイエムウェア株式会社 セミナールーム
〒105-0013 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエア13F

アクセス

JR「浜松町」駅(北口徒歩1分)
都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門」駅(B1徒歩1分)

Map

主催:エス・アンド・アイ株式会社

共催:ヴイエムウェア株式会社