セミナー・イベント

「社長、明日からできます!」
今から間に合うパンデミック対策セミナー
~中堅・中小企業が新型インフルエンザなどのリスクに備えるには~

新型インフルエンザをはじめとした感染症が流行する季節です。大企業は、集団感染を防ぐため、自社の社員の感染だけでなく、家族が感染した際に、出社や出張を制限したり、電話会議などができるようにするなどの対策をとっていますが、コストも人的リソースも限られている中堅・中小企業ではまだまだ対策を取れないでいるところも多いのではないでしょうか。

そもそもパンデミック対策って、何をすればいいのか?そんな疑問にお答えします。
本セミナーでは、自社の社員が感染してしまった場合は、どのような対処が必要なのか、感染を防ぎつつ安全に事業継続するにはどうしたらいいか、感染してしまった場合でも円滑に業務を進める事業継続のポイントは何かなど、パンデミックにおける具体的な現状や対策のポイントをお話します。

自宅でもセキュアに仕事ができるIT環境、明日からすぐにできるパンデミック対策パッケージについて、具体的な活用場面を交えてお話します。また、 Web/電話会議など、パンデミック以外にも出張費抑制などのコストメリットも出せるソリューションもあわせてご紹介します。いざというときにも業務への支障を最小限に抑え、事業継続できる具体的施策をお届けします。

2009年12月11日(金)15:00-17:30【受付開始:14:30】

無料(事前にお申し込みが必要です)/定員40名

プログラム

15:00 - 15:05

はじめに

15:05 - 15:55

企業における新型インフルエンザ対策の必要性
~A/H1N1事例から学ぶ課題と考慮点~

今年4月の新型インフルエンザ(A/H1N1)の発生から現在に至るまでの、政府・自治体、企業での対応事例を振り返りながら、企業にとって必要な新型インフルエンザ対策をご紹介いたします。今後、想定されている高病原性新型インフルエンザ(H5N1)に向けての考慮点も合わせてご紹介いたします。

特定非営利活動法人 事業継続推進機構 理事 深谷純子
(日本アイ・ビー・エム株式会社グローバル・テクノロジー・サービス事業サービス・プロダクト・グループ担当部長)

15:55 - 16:00

休憩

16:00 - 16:45

今すぐできる!中堅・中小企業向け、パンデミック対策パッケージのご紹介

Juniper Networks社製 SecureAccessシリーズを用いたSSL-VPNの概要から様々な利用ケース、セキュリティ機能、 BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)に向けたライセンス、多様な要件に柔軟に対応できるラインナップと更なるセキュリティ強化を可能にするVASCO OTP(One Time Password)をご紹介いたします。そして導入費用も含めた「90万円からできる!」パッケージも合わせてご紹介いたします。

エス・アンド・アイ株式会社

16:45 - 17:30

シンクライアントで安心、パンデミック時のBCP対策
~オフィスから自宅までセキュアに実現するシンクライアント環境~

パンデミック時のBCP対策に大きな力を発揮するシンクライアントソリューション。このセッションではオフィスから自宅までセキュアにシンクライアントを実現するUSB型端末やデスクトップ端末のご紹介を始め、シンクライアントサーバソリューションもご紹介いたします。

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ ソリューション本部 本部長 松浦 崇

17:30

Q&A

講師が皆様のご質問にお答えします。

会場・アクセス

会場

日本IBM 本社事業所(箱崎)713教室

アクセス

東京メトロ東西線/東京メトロ日比谷線 茅場町駅4番b出口 徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 人形町駅1番出口 徒歩12分
都バス IBM箱崎ビル前下車 徒歩1分

Map

主催:エス・アンド・アイ株式会社

協力:株式会社エム・ピー・テクノロジーズ/高千穂交易株式会社

協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社