セミナー・イベント

日本IBM主催
今こそ経営者がリードすべき!事業継続のための危機管理セミナー
~大規模地震対策の最新動向と経営者・担当者のためのHowto~

日本IBM主催/今こそ経営者がリードすべき!事業継続のための危機管理セミナーでS&Iが講演をします。当日は、S&Iが提供する緊急地震速報「EQserve」について、ご説明します。

東海・東南海地震等大規模地震などの企業経営を脅かす危機への対応として、危機管理の実現が益々重要となっております。 地震大国 日本では危機管理の一つに地震対策があります。しかし実際に対策を構築し実施するためには、危機発生時のイメージがわかない・対策に関する情報が不足しているなどの理由から、対策の必要性を理解しながらも、危機への対策を整備できていないケースも多いのではないでしょうか。

本セミナーでは企業経営と事業継続に直結する危機管理対策について総合的な情報提供を行うとともに、模擬災害対策本部デモンストレーションを交えて具体的対策と最新情報をご紹介いたします。

2009年10月27日(火)14:00-16:40【受付開始:13:30】

無料(事前登録制)/定員50名

プログラム

14:00 - 14:10

ご挨拶

日本アイ・ビー・エム株式会社

14:10 - 14:55

BCP(事業継続計画)の実践~今すぐできる地震対策~

今世紀に入って災害や事件・社会的危機が相次いだことから、特に企業や自治体など法人のあるべき危機管理体制が今、問われ始めています。しかしながら、企業や自治体にとって、常時機能する危機管理体制を整備することは容易ではありません。本セミナーでは災害・危機の中でも特に「地震」をテーマとしてとりあげます。真に役立つ安否確認サービス・情報サービスなどを駆使した危機管理体制を構築できるソリューションをご案内します。

株式会社レスキューナウ 代表取締役社長 市川啓一氏

14:55 - 15:25

地震がくる前に、事業継続に直結する緊急地震速報

企業や自治体にとって、常時機能する危機管理体制の構築はいまや必須となっています。
本セッションでは、BCPの観点から、危機管理のひとつとして、「地震対策」を取り上げ、地震がくる前に警報を発し、人命や企業経営を守る緊急地震速報の最新情報と、S&Iが提供する緊急地震速報「EQserve」について、ご説明します。

エス・アンド・アイ株式会社 新規事業開発部 マネージャー 川田弘文

15:25 - 15:40

休憩

15:40 - 16:10

災害・施設・安否・位置情報を「集める、見せる、動かす」 で対応力向上

有事の際の事業継続では、限られたリソースでの初動と対応力が重要です。このセッションでは、事業継続の動向と対応策を事例を交えてご紹介いたします。また、事業継続を支援するソリューションとして、災害情報・安否確認・施設移動等の情報を地図上で「見える化」した「災害情報共有システム」の概要をご紹介いたします。

ユニアデックス株式会社 商品戦略部 マーケティング室  黒木 稔也氏

16:10 - 16:40

デモンストレーション(模擬災害対策本部)

株式会社レスキューナウ、 エス・アンド・アイ株式会社、ユニアデックス株式会社

会場・アクセス

会場

日本IBM 名古屋事業所
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 14F,15F

アクセス

地下鉄桜通線/鶴舞線 丸の内駅 5番出口 徒歩2分
地下鉄桜通線/名城線 久屋大通駅 4番出口 徒歩5分

Map

主催:日本アイ・ビー・エム株式会社

共催:ユニアデックス株式会社

協力:株式会社レスキューナウ/エス・アンド・アイ株式会社