セミナー・イベント

日本IBM主催
VMwareを活用した「スマートなx86インフラ」構築セミナー
~事例で学ぶ!基幹システムのコスト削減とサービス向上~

日本IBM主催/VMwareを活用した「スマートなx86インフラ」構築セミナーでS&Iが講演をします。 当日は、実際に弊社でVMwareを導入し、基幹システムを統合したお客様にご登壇いただき、実際の移行時の状況、その後の安定性や効率化について、ユーザー企業の立場からお話いただきます。

景気減退期において、情報システム部門にはコスト削減圧力がますます強まっています。しかし、単に既存システムのリース延長や、戦略的投資の凍結をするだけでは、企業競争力の低下を招いてしまいます。

増え続けるx86サーバーを仮想化するVMwareは、サーバーの有効活用はもちろんのこと、運用に伴う手間を大幅に削減する多くの先進機能を搭載し、 「コスト削減」と「企業競争力の向上」を同時に実現するソリューションです。

当セミナーでは、VMware導入により基幹システムを最適化した事例をご紹介しつつ、確実なコスト削減を実現する「スマートなx86インフラ」構築のアプローチをご紹介いたします。

ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2009年07月15日(水)13:30-17:00【受付開始:13:00】

無料(事前にお申し込みが必要です)/定員60名

プログラム

13:30 - 14:10

将来を見据えた「攻め」のコスト削減とは?(日本IBM)

単なる「守り」のコスト削減ではなく、エンドユーザーへのサービスも向上させる「攻め」のコスト削減とは?これからの企業インフラのあり方「ダイナミック・インフラストラクチャー」を踏まえ、「攻め」のコスト削減に必須となる仮想化技術の今後の方向性についてエバンジェリストが解説します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システムx テクニカルセールス
システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト  佐々木 言 氏

14:10 - 15:00

ダイナミック・インフラストラクチャーを実現するためには、「必要な時に必要なだけ」供給できるITリソース、「止まらない」高可用性の確保、そして「高い」管理性が必要です。これらの要求とコスト削減を同時に実現する仮想化技術は、VMware Infrastructure 3からvSphere 4へ更に進化していきます。本セッションでは、さらに進化したVMwareの仮想化とその効果についてご紹介します。

ヴイエムウェア株式会社 パートナーシステムエンジニアリング部長 野崎 恵太 氏

15:00 - 15:15

休憩

15:15 - 16:05

ユーザー事例に見る、VMwareによる基幹システム仮想化統合(株式会社カネカ様、S&I)

ITインフラの統合を進める上でキー・テクノロジーとなりつつあるVMware。既に基幹系システムでの採用も増えてきています。当セッションでは実際にVMwareを導入し、基幹システムを統合したお客様にご登壇頂き、実際の移行時の状況、その後の安定性や効率化について、ユーザー企業の立場からお話いただく予定です。

株式会社カネカ 情報システム部 企画担当 矢吹 哲朗 氏
エス・アンド・アイ株式会社 関西営業所長 小川 洋一

16:05 - 16:45

x86エリアのコスト構造を根本的に変革するスマートなアプローチ(日本IBM)

2002年の発表以来、互換性を維持し続ける唯一のブレードサーバーであるIBMR BladeCenterRを活用し、x86サーバーの運用の手間を大幅に削減する新しいアプローチをご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社 システムx事業部 事業開発 担当 東根作 成英 氏

16:45 - 17:00

Q&A

各セッションの担当講師が皆様のご質問にお答えします。

会場・アクセス

会場

ハービスENT貸会議室 1号室・2号室
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー 9階

アクセス

阪神「梅田駅」西改札より徒歩すぐ
阪急「梅田駅」より徒歩約12分
JR「大阪駅」桜橋口より徒歩約2分
JR東西線「北新地駅」西改札より徒歩約4分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札より徒歩すぐ
地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩約5分
地下鉄谷町線「東梅田駅」北改札より徒歩約6分
※各ターミナルとも地下で連絡

Map

主催:日本アイ・ビー・エム株式会社

協力:エス・アンド・アイ株式会社

協賛:ヴイエムウェア株式会社